「知的財産」に関するコンテンツ一覧

職務発明について

従業者が勤務中に行った発明(職務発明)は誰のものになるのでしょうか。 商品であれば、従業者が職務上製作した商品の所有権は、使用者に帰属すると解されていますが、無体財産である発明の場合、職務中の発明であっても、発明者としての権利は従業者に帰属するものとされています。 特許法35条1項は、企業は、従業者が職務発明を行った場合は、その特許権について通常実施権を有すると定めています。 ...

関連カテゴリ: 知的財産
投稿日:2014年04月26日

特許侵害を警告された場合

当社の商品が、他社の特許を侵害していると警告された・・・。 この場合も、同業他社の特許権に関する特許庁とのやりとり(包袋記録といわれます。)を取り寄せ、当該特許の技術的範囲を解釈し、商品が当該特許権を侵害しているかどうかを検討する必要があります。 また、同時に、相手方の特許権が何らかの瑕疵があるかを検討し、相手方の特許権について無効審判を行うことも考えられます。 いずれにして...

関連カテゴリ: 知的財産
投稿日:2014年04月26日

特許侵害を受けた場合

同業他社が、当社の特許権を実施して類似商品を作っている・・・ まずは特許権が有効に成立しているか、誰が権利者かなどを確認するために、最新の登録原簿の謄本を入手する必要があります。 さらに、特許発明の技術的範囲を、特許明細書の記載や審査経過におけるやりとりにより解釈して、他社の製品が特許権を侵害しているかどうかを確認しなければなりません。 そのように慎重に調査し、他社の製品が特...

関連カテゴリ: 知的財産
投稿日:2014年04月26日
このページのトップへ移動します