「顧問弁護士」に関するコラム一覧

顧問弁護士と上手に付き合う5つのススメ

(1)とにかく相談すること (2)相談の内容は何でもよい (3)相談内容を残しておくこと (4)重要な書類は顧問弁護士に送っておくこと (5)あなたの会社に合った弁護士に顧問になってもらう 「顧問弁護士」制度は、あなたの会社を将来のトラブルから防ぎ、安心して業務を行うために、とても有益なも...

関連カテゴリ: 顧問弁護士
投稿日:2014年04月26日

不動産賃貸契約

マンション経営や、不動産を賃貸する場合も、賃貸借契約書を入念にチェックする必要があります。 会社が事務所や倉庫を借りる場合も同様です。 賃貸借契約の場合、1回きりの契約ではなく、長期間契約関係が継続しますので、トラブルも非常に多い契約です。したがって、契約書により、可能な限りトラブルを防止することが重要です。 また、賃貸契約期間が長期間になると、近隣の賃料相場との違いが生じてくるため、賃...

関連カテゴリ: 不動産 契約書 顧問弁護士
投稿日:2014年04月26日

不動産売買契約

会社が不動産を購入する場合、また、会社資産の不動産を売却する場合、必ず売買契約書を締結することになります。 購入する不動産の場所や金額が適切かどうかは会社でご検討いただくことになりますが、不動産売買契約書の締結にあたっては、仲介業者の作成した契約書案をそのまま受け入れるだけでなく、弁護士による事前のチェックをすることをお勧めいたします。 特に、会社事務所などを現状有姿で購入する場合、売...

関連カテゴリ: 不動産 契約書 顧問弁護士
投稿日:2014年04月26日

契約書作成

取引社数が多くなってきて、売上管理が大変になってきた 画一的な対応ができれば、業務効率がアップするのに・・・ 内部体制を整備すると共に、契約関係も整備していきたい このような場合、弁護士による契約書の作成をおすすめいたします。 世の中に数多くの契約書がありますが、あらゆる場面を想定し、かゆいところまで行き届いた契約書、そして取引の相手方も調印しやすい契約書は多くありません。 たとえ...

関連カテゴリ: 契約書 顧問弁護士
投稿日:2014年04月19日
このページのトップへ移動します このページのトップへ移動します