特許侵害を警告された場合

当社の商品が、他社の特許を侵害していると警告された・・・。

この場合も、同業他社の特許権に関する特許庁とのやりとり(包袋記録といわれます。)を取り寄せ、当該特許の技術的範囲を解釈し、商品が当該特許権を侵害しているかどうかを検討する必要があります。

また、同時に、相手方の特許権が何らかの瑕疵があるかを検討し、相手方の特許権について無効審判を行うことも考えられます。

いずれにしても、当社の主張を十分に検討し、相手方との交渉や、侵害訴訟に臨む必要があります。

関連カテゴリ: 知的財産
投稿日:2014年04月26日
このページのトップへ移動します