知的財産

企業の技術、デザイン、信用、標識、著作権を守るため、知的財産に関する問題が生じた場合は、弁護士にご相談下さい。

・自社の技術、デザインを真似されないよう、特許や実用新案申請を行いたい
・同業他社が類似商品を作っており、当社の知的財産権が侵害されている
・当社の商品について、特許法に違反しているなどという警告書が届いた
・従業員が行った職務発明について、相当な対価を支払うよう請求されている

知的財産権とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権などであり、企業の技術、デザイン、信用、標識等を守る重要な権利です。

企業の研究により創作された「発明」や「考案」を直接保護する特許権、実用新案権などは、企業の保有財産として価値を維持する必要がありますし、商品・サービスに使用する商標を保護する商標権は、企業やサービスの信用を保護する重要な権利です。

特許等の出願手続や、特許庁における異議申立、審判などの手続は、各専門分野の弁理士の先生に委任して行うこととなりますが、知的財産権について紛争が生じた場合には弁護士の出番です。

知的財産権侵害訴訟の代理人はもちろん、知的財産権に関する紛争などの相談、交渉、また、ライセンス契約の作成やチェックも弁護士が扱うことが多いと言えます。

詳しくは、知的財産関連コラムを参照ください。

このページのトップへ移動します