不動産取引

新たに不動産を購入して、会社事務所に使いたい。
会社の保有する土地を有効に活用したい。
経営しているマンションの住民とのトラブルがある。

不動産は、会社の重要な資産です。マンション経営など、不動産を用いた会社経営をされている方はもちろん、それ以外の方でも、事務所を構えるためには事務所の賃貸借契約や不動産の売買契約をしなければなりません。
購入した不動産が境界を越境していたり、権利を主張する第三者が現れることもあります。

また、購入時には思いもかけなかった問題が発生した場合、売買契約書が不十分であったために会社が不利益を受けることもあります。
会社の不動産を利用してマンション経営を行う場合や、土地を賃貸する場合も、当事者の意図にあった契約書を作成しなければ、貸主と借主の意図が食い違い、大変な紛争に発展する場合もあります。

こうした不動産に関する問題こそ、実務経験豊富な弁護士にご相談いただければ、その対処方法について適切にアドバイスさせていただきます。

このページのトップへ移動します