取引先が倒産した場合

え!あの会社が倒産しただって!どうしよう・・・
100万円以上の売掛金がパーになってしまうじゃないか!

 会社を経営していれば、必ずといっていいほど、取引先倒産の憂き目に遭うこととなります。このような場合、我先にと倒産した会社に債権者が押し寄せますが、実際には事業所が閉鎖されるなどして、優先的な回収はほぼ期待できません。
 このような場合に備えて、力のある会社(金融機関が典型的です)はあらかじめ不動産担保を取得したり、取引保証金の差し入れを求めたりしますが、通常の取引関係しかない場合は、無担保であることが大半です。

 しかし、何も担保を取得していなくても優先的回収が図れる場合があるのです。
先取特権に基づく差押という方法です。
 実現のためのハードルは決して低くはないですが、泣き寝入りを回避するための有効な手段であることは間違いありません。
 どのような回収方法が可能なのか、是非一度弁護士にご相談ください。

このページのトップへ移動します このページのトップへ移動します