債権の保全

「新規に取引を開始することになったけど、
 設立まもない会社でもあり、あまり信用もできないな。」
「売掛金債権を保全しておかなければならないが、
 どのような方法があるのだろうか・・・」

売掛金を確実に回収することは、会社経営の根幹です。平常時における請求書発行業務、入金確認業務を確実に行うことは当然の前提として、取引先が経営難に陥った場合でも、なお売掛金の回収を確実にすることが肝要です。

経営難に陥った会社は、支払原資が限られていることから、おのずと支払先に「優先順位」を付します。売掛金の回収を確実にすることは、すなわち、取引先における御社の「優先順位」を上昇させることに他ならないのです。

では、その「優先順位」を上昇させるにはどうしたらよいのでしょうか。

それは、取引先の事業の根幹部分を握ることなのです。

例えば、御社が取引先に商品を納入しており、その商品が取引先にとって主力商品であるならば、譲渡担保権を設定しておくことが有効です。他にも様々な債権保全方法がありますので、確実な売掛金回収を望まれる会社経営者の方は、是非弁護士に御相談ください。

このページのトップへ移動します このページのトップへ移動します