契約書作成

取引社数が多くなってきて、売上管理が大変になってきた
画一的な対応ができれば、業務効率がアップするのに・・・
内部体制を整備すると共に、契約関係も整備していきたい

このような場合、弁護士による契約書の作成をおすすめいたします。

世の中に数多くの契約書がありますが、あらゆる場面を想定し、かゆいところまで行き届いた契約書、そして取引の相手方も調印しやすい契約書は多くありません。 たとえ御社に有利であったとしても、調印してくれなければ意味がありません。相手方あっての契約なのですから、相手方の立場も一定程度は考慮することが必要です。

弁護士は、あらゆる法的リスクを事前に想定した上、当該リスクを回避するために必要となる条項を作成いたします。その際、相手方の意向も見越した上で、調印しやすい文言、条項を慎重に選び出します。

このように契約書作成には、法律全般にわたる広汎な知識以外に、業務経験に裏打ちされた推理力、洞察力も要求されます。
契約書の整備状況は、その会社の実力を図る物差しにもなります。
弁護士に契約書作成を御依頼いただくと、結果として御社の社会的評価を高めることにもつながる等の副次的効果も期待できます。

このページのトップへ移動します このページのトップへ移動します