自主再建の方法

将来的に大きな売上が見込めるが、来月の支払が厳しい。
毎月の約定弁済が厳しいので、返済方法を変更したい。

このような場合、取引銀行にかけあって支払猶予を求めたり、リスケジュールをお願いしてみることが有効かもしれません。

長年の付き合いがある銀行であれば、案外すぐに応じてもらえることがあるかもしれません。

しかし、むやみに打診することは禁物です。支払猶予等の打診とともに、あなたの会社の財務状況をさらけ出すことになりかねないからです。

リスケジュールを打診した後で、思った以上にあなたの会社の財務状況が悪く、取引銀行に回収に専念されれば元も子もなくなります。

やはり、支払猶予やリスケジュールを求めるにも、相応の準備が必要であり、また打診するタイミングも見計らう必要があります。
また、そもそもそのような打診をすべきかどうかも、あなたの会社の財務状況等にも照らして総合的に判断する必要があります。

あなたの会社の経営が少しでも苦しくなった場合、速やかに倒産処理のプロである弁護士に相談なさることをお勧めします。
あなたの会社にとって、最も適した解決策を提示させていただきます。

まずは、弁護士に相談し、客観的に状況を把握することをお薦めします。

このページのトップへ移動します このページのトップへ移動します