不動産賃貸契約

マンション経営や、不動産を賃貸する場合も、賃貸借契約書を入念にチェックする必要があります。
会社が事務所や倉庫を借りる場合も同様です。
賃貸借契約の場合、1回きりの契約ではなく、長期間契約関係が継続しますので、トラブルも非常に多い契約です。したがって、契約書により、可能な限りトラブルを防止することが重要です。

また、賃貸契約期間が長期間になると、近隣の賃料相場との違いが生じてくるため、賃料の増額や減額が問題になることもあります。

このような場合の交渉方法についても、弁護士にご相談下さい。
貸主、借主が破産した場合や、騒音や悪臭など借主同士によるトラブルが発生する場合もありますし、賃料不払いによる退去を求めたい場合など、不動産賃貸の様々なトラブルについて、弁護士によるアドバイスをさせていただきます。

このページのトップへ移動します このページのトップへ移動します